協会概要
トップページ > 協会概要

理事長あいさつ

 日頃より当協会に対しまして、各官公署を始め関係各位には、格別なご高配賜りまして、厚く御礼申し上げます。
当協会は、社員たる土地家屋調査士及び土地家屋調査士法人の専門的能力を結合し、公共の利益となる事業を行う官公署等による不動産の表示に関する登記に必要な調査若しくは測量又はその登記の嘱託若しくは申請の適正かつ迅速な実施に寄与することにより、公共の利益となる事業の成果の速やかな安定を図り、登記に関する円滑な実施に資し、もって不動産に係る国民の権利の明確化に寄与することを目的に民法第34条に基づき、昭和60年12月に法務大臣の認可により公益法人として設立されました。その後公益法人制度改革により、北海道知事からの認定を受け平成25年4月1日に新たに公益社団法人として移行登記を完了致しました。
 設立30年を経過し、これまで多くの官公署等から当協会の事業・業務に対しまして深いご理解とご活用をいただいておりますことに感謝申し上げます。
 今後とも、表示に関する登記のスペシャリストとして社員一丸となり技術・技能の向上を図り、業務の適正且つ迅速な実施に努め、国民の信頼とご期待に応えてまいりますので、今後とも関係各位におかれましては、尚一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。


協会概要

名称 公益社団法人 札幌公共嘱託登記土地家屋調査士協会
理事長 前田 登輝夫
設立 昭和60年 6月28日法律第86号
昭和60年12月12日設立許可
目的 公共事業に伴う不動産の表示に関する登記に必要な調査・測量の嘱託手続きの受託処理を専門とする公益法人
所在地

〒064-0804
札幌市中央区南4条西6丁目8番地 晴ればれビル8F

(地下鉄南北線すすきの駅から西へ徒歩5分)

決算日 3月31日
組織 全国公共嘱託登記土地家屋調査士協会連絡協議会(全公連)
北海道ブロック公共嘱託登記土地家屋調査士協会連絡協議会(北公連)

交通アクセス